マール・オベロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Merle Oberon
マール・オベロン
マール・オベロン
1943年
本名 Estelle Merle O'Brien Thompson
生年月日 1911年2月19日
没年月日 1979年11月23日(満68歳没)
出生地 British Raj Red Ensign.svg イギリス領インド帝国 ボンベイ
国籍 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
配偶者 アレクサンダー・コルダ (1939-1945)
ルシアン・バラード (1945-1949)
ブルーノ・パリアイ (1957-1973)
ロバート・ウォルダース (1975-1979)
著名な家族 フランチェスカ(養女)
ブルーノ(養子)
主な作品
『この三人』
『嵐ケ丘』

マール・オベロンMerle Oberon, 1911年2月19日 - 1979年11月23日)は、インドボンベイで生まれた映画女優。出生時の名前はEstelle Merle O'Brien Thompson

一時期レスリー・ハワードと恋愛関係にあった。その後は何度か映画関係者と結婚している。

人物[編集]

父はインド駐在のイギリス軍人。母はインド人。父と母は正式に結婚したわけではなく、彼女は母親に育てられた。女優としてデビューしてから、彼女はインドとのハーフであるという出自をひた隠しにし、出身地を「オーストラリアタスマニア島」とし、民族衣装サリーを身につける母を、知人に「使用人」と偽っていた。白い肌に気品と妖艶を兼ね備え、エキセントリックな貴婦人や歴史上の人物の役を得意とした。

映画プロデューサーのアレクサンダー・コルダにより、『ヘンリー八世の私生活』(1933年)で、斬首刑となる王妃アン・ブーリン役に抜擢される。のち、コルダと結婚。しかし夫がありながらもレスリー・ハワードと恋仲になり(ハワードにも家庭があった)、彼との恋愛が終わっても、コルダの元へは帰らなかった。

代表作は映画『嵐ケ丘』で、ヒロイン(キャサリン)役を勤め、ローレンス・オリビエと共演した。映画ではそのエキゾチックな美貌が十分に発揮されている。

ジェットセッターとして有名で、大富豪やプレイボーイとの華やかな恋愛遍歴で知られた。

出演作品[編集]

  • ヘンリー八世の私生活 The Private Life of Henry VIII (1933)
  • ドン・ファン The Private Life of Don Juan (1934)
  • 紅はこべ The Scarlet Pimpernel (1934)
  • シュヴァリエの巴里ッ子 Folies Bergère de Paris (1935)
  • ダアク・エンゼル The Dark Angel (1935)
  • この三人 These Three (1936)
  • 市街戦 Beloved Enemy (1936)
  • 牧童と貴婦人 The Cowboy and the Lady (1938)
  • 嵐ケ丘 Wuthering Heights (1939)
  • リディアと四人の恋人 Lydia (1941)
  • 楽聖ショパン A Song to Remeber (1945)
  • ベルリン特急 Berlin Express (1948)
  • 哀愁のモンテカルロ 24 Hours of a Woman's Life (1952)
  • デジレ Desiree (1954)
  • 我が心に君深く Deep in My Heart (1954)
  • 情事の曲り角 Of Love and Desire (1963)
  • ホテル Hotel (1967)

外部リンク[編集]