マーティン・バナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーティン・バナール(Martin Bernal, 1937年-)は、イギリス出身の歴史学者コーネル大学名誉教授。

ロンドン生まれ。ロンドン大学教授、コーネル大学政治学部教授を務める。物理学者であるジョン・デスモンド・バナールは父である。

当初中国政治史を専攻していたが、エジプト学の権威である祖父のen:Alan Gardinerにインスピレーションを受けてオリエントを研究するようになり、ギリシャ語ヘブライ語フェニキア語といったアフロ・アジア語族にかなりの共通点があったことから刊行させた1987年の『黒いアテナ』が歴史学考古学を超えて、西洋的知のあり方に及ぶ大論争を引き起こした。

著書[編集]

  • Chinese Socialism to 1907, (Cornell University Press, 1976).
  • Black Athena: the Afroasiatic Roots of Classical Ccivilization, vol. 1: the Fabrication of Ancient Greece, 1785-1985, (Rutgers University Press, 1987).
片岡幸彦監訳『ブラック・アテナ――古代ギリシア文明のアフロ・アジア的ルーツ(1)古代ギリシアの捏造1785-1985』、新評論, 2007年
  • Black Athena: the Afroasiatic Roots of Classical Ccivilization, vol. 2: the Archaeological and Documentary Evidence, (Rutgers University Press, 1991).
金井和子訳『黒いアテナ――古典文明のアフロ・アジア的ルーツ(2)考古学と文書にみる証拠(上・下)』、藤原書店, 2004年-2005年
  • Black Athena Writes Back: Martin Bernal Responds to his Critics, edited by David Chioni Moore, (Duke University Press, 2001).
『『黒いアテナ』批判に答える(上)』、金井和子訳、藤原書店、2012年
  • Black Athena: the Afroasiatic roots of classical civilization, vol. 3: the linguistic evidence, Rutgers University Press, 2006.

関連項目[編集]