マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ (1751-1767)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストリア大公女マリア・ヨーゼファの肖像画。マルティン・ファン・メイテンス筆、ベルリンのオーストリア大使館蔵

マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ(Maria Josepha von Österreich, 1751年3月19日 - 1767年10月15日)は、オーストリア大公マリア・テレジアの九女。全名はマリア・ヨーゼファ・ガブリエラ・ヨハンナ・アントーニア・アンナMaria Josepha Gabriella Johanna Antonia Anna)。

1751年3月19日マリア・テレジア神聖ローマ皇帝フランツ1世の間に第12子としてウィーンに生まれた。

ナポリシチリア王子フェルディナンド(後の両シチリアフェルディナンド1世)と結婚する予定だったが、天然痘のため1767年10月15日にウィーンのシェーンブルン宮殿で急死した。その後、フェルディナンドはマリア・ヨーゼファの妹であるマリア・カロリーナと結婚した。

マリア・ヨーゼファの遺骨はウィーン・カプツィーナー教会皇帝納骨所カイザーグルフト)に収められている。