マリア・ヘンリエッタ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・ヘンリエッタ大公女

マリア・ヘンリエッタ・カロリーネ・ガブリエーレ・フォン・エスターライヒ[1][2]Maria Henrietta Caroline Gabriele Erzherzogin von Österreich[1][2], 1883年1月10日 プレスブルク[1][2]1956年9月2日 マリアツェル[1][2])は、オーストリア皇帝家の分家テシェン公爵家の公女で、ホーエンローエ=シリングスフュルスト侯子ゴットフリートの妻。

テシェン公爵家の当主フリードリヒ大公と、その妻でクロイ公爵家の公女であるイザベラの間の第3子、三女として生まれた。1908年6月3日にバーデン・バイ・ウィーンにおいて、オーストリア宮内大臣を務めたホーエンローエ=シリングスフュルスト侯コンスタンティンの息子で、外交官であったゴットフリートと結婚した。

夫妻の間にはエリーザベト(1909年 - 1987年)、ナターリエ(1911年 - 1989年)、フリードリヒ(1913年 - 1945年)と、1男2女の3人の子女が生まれた。一人息子のフリードリヒは第2次世界大戦直後の1945年12月、カフカース地方の捕虜収容所で獄死している。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Darryl Lundy (2004年11月7日). “Maria Henrietta Erzherzogin von Österreich”. thePeerage.com. 2010年1月12日閲覧。
  2. ^ a b c d Paul Theroff. “AUSTRIA”. Paul Theroff's Royal Genealogy Site. 2010年1月12日閲覧。