マリア・テレサ・デ・ボルボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペイン王女マリア・テレサ

マリア・テレサ・デ・ボルボーン・イ・アブスブルゴ=ロレナMaría Teresa de Borbón y Habsburgo-Lorena, 1882年11月12日 - 1912年9月23日)は、スペインの王族。スペイン王アルフォンソ12世とその2番目の妃であるオーストリア大公女マリア・クリスティーナの間に生まれた第二子、次女。バイエルン王子フェルディナントの妃となった。全名はマリア・テレサ・イサベル・エウへニア・パトロシニオ・ディエガ(María Teresa Isabel Eugenia Patrocinio Diega)。

マリア・テレサは1906年1月12日、マドリードで従弟のバイエルン王子フェルディナントと結婚し、間に4人の子供をもうけたが、1912年に29歳の若さで亡くなった。

  • ルイス・アルフォンソ(1906年 - 1983年)
  • ホセ・エウへニオ(1909年 - 1966年) オディエル伯爵夫人マリア・デ・ラ・アスンシオン・ソランへ・デ・メッシア・イ・デ・レセップスと結婚し、二男二女をもうける
  • マリア・デ・ラス・メルセデス(1911年 - 1953年) ムフラニ系グルジア王位請求者エレクレ・バグラティオニ=ムフラネリ (enと結婚
  • マリア・デル・ピラール(1912年 - 1918年)