マオリ王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マオリ王(マオリおう、Māori King)はニュージーランド少数民族であるマオリ首長の地位。を名乗ってはいるが、国家から公認された地位ではない。しかし、マオリの間での権威は大きなものがある。現在の王は第7代のツヘイティア・パキ

王擁立運動[編集]

1850年代、イギリスの植民者の手によってマオリの土地は急速に奪われ、狭まった土地をめぐるイウィ(部族)間の抗争も激化した。こうした中で、イギリスの王に倣ってマオリにも王を戴き、部族ごとの結束が強固であったマオリを統合しようとする運動が起こる。これを王擁立運動(Māori King Movement, マオリ語:Kīngitanga キンギタンガ)という。初代の王に選出されたのはワイカト族の首長ポタタウで、ポタタウを王とするマオリの部族連合は白人勢力に対し結束して抵抗しようとした。これは植民地政府から反乱とみなされ、王擁立運動は困難な状況に立たされるが、その中で王は求心力と権威を獲得していった。

先代王の葬儀の席で、出席した諸部族の有力者が後継者を選出・推戴する。実際には、ワイカト族から選出された初代マオリ王ポタタウの子孫が代々王位を受け継いでいる。

歴代王[編集]

代数 名前 在位
第1代 ポタタウ 1856年 – 1860年6月25日
第2代 タウィアオ 1860年6月25日 – 1894年8月26日
第3代 マフタ・タウィアオ 1894年8月26日 – 1912年11月9日
第4代 テ・ラタ 1912年11月24日−1933年10月1日
第5代 コロキ・マフタ 1933年10月8日 – 1966年5月18日
第6代 テ・アタイランギカアフ 1966年5月23日 – 2006年8月15日
第7代 ツヘイティア・パキ 2006年8月15日 –

関連項目[編集]

外部リンク[編集]