マイケル・マクフォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・マクフォール(Michael Anthony McFaul、1963年10月1日 - )は、アメリカ政治学者。専門は、ロシア政治。2011年12月から2014年まで、ロシア駐在アメリカ大使を務めた。

モンタナ州グラスゴー生まれ。スタンフォード大学修士号を取得後、ローズ奨学生として渡英し、1991年にオックスフォード大学博士号取得。スタンフォード大学政治学部教授および同大学フーバー研究所フェローとして研究生活を送る傍ら、バラク・オバマ大統領の政策顧問として、国家安全保障会議においてロシア問題を担当した。2011年12月、駐露大使に任命される。

著書[編集]

  • Russia's 1996 presidential election: the end of polarized politics, Hoover Institution Press, 1997.
  • Russia's Unfinished revolution: political change from Gorbachev to Putin, Cornell University Press, 2001.
  • Advancing democracy abroad: why we should and how we can, Rowman & Littlefield, 2010.

共著[編集]

  • The troubled birth of Russian democracy: parties, personalities, and programs, by Michael McFaul and Sergei Markov, Hoover Institution Press, 1993.
  • Power and purpose: U.S. policy toward Russia after the Cold War, by James M. Goldgeier and Michael McFaul, Brookings Institution Press, 2003.
  • Popular choice and managed democracy: the Russian elections of 1999 and 2000, by Timothy J. Colton and Michael McFaul, Brookings Institution Press, 2003.

編著[編集]

  • Privatization, conversion, and enterprise reform in Russia, edited by Michael McFaul and Tova Perlmutter, Westview Press, 1995.
  • After the collapse of communism: comparative lessons of transition, edited by Michael McFaul and Kathryn Stoner-Weiss, Cambridge University Press, 2004.
  • Promoting democracy and the rule of law: American and European strategies, edited by Amichai Magen, Thomas Risse and Michael A. McFaul, Palgrave Macmillan, 2009.
  • Democracy and authoritarianism in the postcommunist world, edited by Valerie Bunce, Michael McFaul and Kathryn Stoner-Weiss, Cambridge University Press, 2010.

External links[編集]

外交職
先代:
ジョン・ロス・ベイル
在ロシアアメリカ合衆国大使
2011年12月17日 - 2014年2月
次代:
ジョン・テフト英語版