マイケル・ホーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ホーガン(左)

マイケル・ホーガンMichael J. Hogan, 1943年 - )は、アメリカ合衆国歴史学者。専門は、アメリカ外交史。

アイオワ大学で修士号および博士号を取得。テキサス大学オースティン校マイアミ大学オハイオ州立大学を経て、2004年から、アイオワ大学歴史学部教授。2007年9月から、第14代コネティカット大学学長。

著書[編集]

単著[編集]

  • Informal Entente: the Private Structure of Cooperation in Anglo-American Economic Diplomacy, 1918-1928, (University of Missouri Press, 1977).
  • The Marshall Plan: America, Britain, and the Reconstruction of Western Europe, 1947-1952, (Cambridge University Press, 1987).
  • A Cross of Iron: Harry S. Truman and the Origins of the National Security State, 1945-1954, (Cambridge University Press, 1998).

編著[編集]

  • The End of the Cold War: its Meaning and Implications, (Cambridge University Press, 1992).
  • America in the World: the Historiography of American Foreign Relations since 1941, (Cambridge University Press, 1995).
  • Hiroshima in History and Memory, (Cambridge University Press, 1996).
  • The Ambiguous Legacy: U. S. Foreign Relations in the "American Century", (Cambridge University Press, 1999).
  • Paths to Power: the Historiography of American Foreign Relations to 1941, (Cambridge University Press, 2000).(林義勝訳『アメリカ大国への道――学説史から見た対外政策』彩流社, 2005年)

共編著[編集]

  • Explaining the History of American Foreign Relations, co-edited with Thomas G. Paterson, (Cambridge University Press, 1991).