マイク・ハリス (オフェンシブタックル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ハリス

Mike Harris
サンディエゴ・チャージャーズ No. 79

Michael Harris (American football).JPG
タックル
生年月日:1988年12月5日(25歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド
身長:6' 5" =約195.6cm 体重:310 lb =約140.6kg
NFLデビュー
2012年サンディエゴ・チャージャーズ
経歴
大学UCLA
ドラフト外(2012年
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
出場試合数     15試合
先発出場試合数     9試合
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

マイク・ハリス(Mike Harris 1988年12月5日- )はカリフォルニア州オークランド出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLサンディエゴ・チャージャーズに所属している。ポジションはタックル

経歴[編集]

カリフォルニア州ドゥアーテにある高校時代は、アメリカンフットボールの他にバスケットボール陸上競技を行った[1]

UCLAでは、主に右タックルを務めて[2]、ピストルオフェンスのランニングゲームに貢献した[3]。2008年は、足首の靭帯断裂でシーズン開始から7試合欠場、最後の5試合で右タックルとして先発出場した。2009年2月、右足を骨折したが、この年全13試合に右タックルで先発出場した。2010年、カンザス州立大学との開幕戦は、チーム規定により出場停止、翌週のスタンフォード大学戦も欠場した。残り10試合は右タックルで先発出場した。2011年は、ストロングサイドのタックルとして14試合に先発出場し[4]、同大学がラン攻撃で2,497ヤード獲得したことに貢献した[1]

2012年のNFLドラフトでは指名されず、同年4月30日に、ドラフト外フリーエージェントでサンディエゴ・チャージャーズと契約を結んだ[5]

同年、先発左タックルのジャレッド・ゲイサーが故障したことから、オークランド・レイダーズとの開幕戦から先発左タックルとして出場した[6]。この年、スナップ283回中、QBへのサック、ヒット、ハリーとなるプレーを46回許し、ProFootballFocus.com からは、パスブロッキングで、リーグワーストのタックル選手に評価された[7]

人物[編集]

父親は、筋金入りのレイダーズファンだったが、チャージャーズに彼が入団したことで、チャージャーズファンとなった[2]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b UCLA's MIKE HARRIS SIGNS WITH MB SPORTS AS AGENT FOR NFL DRAFT”. myprgenie.com (2012年1月24日). 2013年5月5日閲覧。
  2. ^ a b Sam Farmer (2012年9月6日). “No one saw this coming: Mike Harris, protecting Rivers' blind side”. ロサンゼルス・タイムズ. 2013年5月5日閲覧。
  3. ^ Michael Gehlken (2012年7月29日). “Undrafted Chargers rookie on the rise”. utsandiego.com. 2013年5月5日閲覧。
  4. ^ Draft Prospect”. プロフットボールウィークリー. 2013年5月5日閲覧。
  5. ^ Christopher Smith (2012年4月30日). “Chargers to sign 21 undrafted free agents”. サンディエゴ・チャージャーズ. 2013年5月5日閲覧。
  6. ^ QBリバースのブラインドサイドにドラフト外契約新人”. アメフトNewsJapan (2012年9月3日). 2013年5月5日閲覧。
  7. ^ パスブロッキングのワースト5タックル選手”. アメフトNewsJapan (2012年12月6日). "013-05-05閲覧。

外部リンク[編集]