ポーランドとリトアニアのヘトマン一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランド・リトアニア共和国のヘトマンの紋章

ポーランドとリトアニアのヘトマン一覧は、ポーランド王国(王冠領)とリトアニア大公国、そして1569年に成立した両者の連合体であるポーランド・リトアニア共和国において、国王に次ぐ最高軍司令官の職である。ヘトマンの称号は1505年にポーランド王国で創設された。ヘトマンの称号は1581年までは戦時のみ軍司令官に与えられていたが、その後は終身の称号となった。1585年以後、ヘトマンの称号はそれを帯びている者の国家反逆行為が証明されない限り、剥奪されないことが取り決められた。

大ヘトマンと野戦ヘトマン[編集]

16世紀末より、王冠領とリトアニア大公国には2人のヘトマンが置かれていた。大ヘトマンと野戦ヘトマンである。他国での大元帥元帥に近い概念で、しばしばそのように翻訳や説明がなされる。つまりヘトマンには王冠領大ヘトマンHetman wielki koronny)、王冠領野戦ヘトマンHetman polny koronny)、リトアニア大ヘトマンHetman wielki litewski)、リトアニア野戦ヘトマンHetman polny litewski)の4つのポストが存在した。王冠領とリトアニア大公国の両軍で共同の軍事作戦を実行するときは、たいてい王冠領大ヘトマンが最高司令官であるとされた。

大ヘトマンは通常、戦時は常備軍と召集軍を統率し、平常時は首都に留まって国政に関与し、軍隊の利益を守り、遠征の計画を練る。

ポーランドの王冠領野戦ヘトマンは王冠領大ヘトマンの部下であり、大ヘトマンと同じ戦場にいるときは傭兵軍と砲兵隊を統率する。平常時はたいてい共和国南東部の国境地帯に駐在し、地元の軍勢を率いて恒常的に続くオスマン帝国およびその属国との小競り合いや国境侵犯に対処している。こうした仕事は、ヘトマンの称号が導入される前に存在していた国境守備隊の司令官の職務を引き継いだものである。

リトアニア野戦ヘトマンはかつて「宮廷の司令官」と呼ばれていた職の後身で、この司令官職はリトアニア大公の近衛兵の司令官であった。他方、リトアニアには「国家の司令官」が存在して私兵軍を統率していた。しかし両者の区別は失われていき、前者は「野戦ヘトマン」、後者は「大ヘトマン」改称された。ポーランドの場合と違い、リトアニア野戦ヘトマンはリトアニア全軍の全面的な指揮権を持ち、リトアニア大ヘトマンに従属する存在ではない。

王冠領のヘトマン[編集]

王冠領大ヘトマン
就任 退任  
1503年 1515年 ミコワイ・カミェニェツキ
1515年 1526年 ミコワイ・フィルレイ
1526年 1527年 空席
1527年 1561年 ヤン・タルノフスキ
1561年 1569年 ミコワイ・シェニャフスキ
1569年 1575年 イェジ・ヤズウォヴィエツキ
1579年 1580年 ミコワイ・ミェレツキ
1581年 1605年 ヤン・ザモイスキ
1605年 1613年 空席
1613年 1620年 スタニスワフ・ジュウキェフスキ
1620年 1632年 空席
1632年 1646年 スタニスワフ・コニェツポルスキ
1646年 1651年 ミコワイ・ポトツキ
1651年 1654年 空席
1654年 1667年 スタニスワフ・レヴェラ・ポトツキ
1668年 1674年 ヤン・ソビェスキ
1674年 1676年 空席
1676年 1682年 ディミトル・イェジ・ヴィシニョヴィエツキ
1682年 1683年 空席
1683年 1702年 スタニスワフ・ヤン・ヤブウォノフスキ
1702年 1702年 フェリクス・カジミェシュ・ポトツキ
1702年 1706年 ヒェロニム・アウグスティン・ルボミルスキ
1706年 1726年 アダム・ミコワイ・シェニャフスキ
1726年 1728年 スタニスワフ・マテウシュ・ジェヴスキ
1728年 1735年 空席
1735年 1751年 ユゼフ・ポトツキ
1751年 1752年 空席
1752年 1771年 ヤン・クレメンス・ブラニツキ
1773年 1773年 ヴァツワフ・ピョトル・ジェヴスキ
1774年 1793年 フランチシェク・クサヴェリ・ブラニツキ
1793年 1794年 ピョトル・オジャロフスキ
王冠領野戦ヘトマン
就任 退任  
1492年 1499年 スタニスワフ・ホデツキ
1499年 1501年 ピョトル・ムィシュコフスキ
1501年 1505年 スタニスワフ・ホデツキ
1505年 1509年 ヤン・カミェニェツキ
1509年 1520年 ヤン・トフォルスキ
1520年 1528年 マルチン・カミェニェツキ [1]
1529年 1539年 ヤン・コーワ
1539年 1561年 ミコワイ・シェニャフスキ
1561年 1569年 空席
1569年 1575年 イェジ・ヤズウォヴィエツキ
1575年 1584年 ミコワイ・シェニャフスキ
1584年 1588年 空席
1588年 1613年 スタニスワフ・ジュウキェフスキ
1613年 1618年 空席
1618年 1632年 スタニスワフ・コニェツポルスキ
1632年 1633年 空席
1633年 1636年 マルチン・カリノフスキ
1636年 1637年 空席
1637年 1646年 ミコワイ・ポトツキ
1646年 1652年 マルチン・カザノフスキ
1652年 1654年 スタニスワフ・レヴェラ・ポトツキ
1654年 1657年 スタニスワフ・ランツコロニスキ
1657年 1664年 イェジ・セバスティアン・ルボミルスキ
1664年 1665年 ステファン・チャルニェツキ
1665年 1666年 空席
1666年 1667年 ヤン・ソビェスキ
1667年 1676年 ディミトル・イェジ・ヴィシニョヴィエツキ
1682年 1683年 スタニスワフ・ヤン・ヤブウォノフスキ
1682年 1683年 ミコワイ・ヒェロニム・シェニャフスキ
1684年 1691年 アンジェイ・ポトツキ
1691年 1692年 空席
1692年 1702年 フェリクス・カジミェシュ・ポトツキ
1702年 1702年 ヒェロニム・アウグスティン・ルボミルスキ
1702年 1706年 アダム・ミコワイ・シェニャフスキ
1706年 1726年 スタニスワフ・マテウシュ・ジェヴスキ
1726年 1728年 スタニスワフ・ホメントフスキ
1728年 1736年 空席
1736年 1752年 ヤン・クレメンス・ブラニツキ
1752年 1773年 ヴァツワフ・ピョトル・ジェヴスキ
1774年 1774年 フランチシェク・クサヴェリ・ブラニツキ
1774年 1794年 セヴェリン・ジェヴスキ

リトアニアのヘトマン[編集]

リトアニア大ヘトマン
就任 退任  
1497年 1500年 コスチャンチン・イヴァノヴィチ・オストロジクィイ
1500年 1501年 セメーン・ユーリエヴィチ・ハリシャンスキ
1501年 1502年 スタニスロヴァス・ケンスガイラ
1503年 1507年 スタニスワフ・キシュカ
1507年 1530年 コスチャンチン・イヴァノヴィチ・オストロジクィイ
1530年 1531年 空席
1531年 1541年 ユルギス・ラドヴィラ
1541年 1553年 空席
1553年 1566年 ミカロユス・ラドヴィラ・ヨーダシス
1566年 1572年 グジェゴシュ・ホトキェヴィチ
1572年 1576年 空席
1576年 1584年 ミコワイ・ラジヴィウ・ルディ
1584年 1589年 空席
1589年 1603年 クシシュトフ・ラジヴィウ・ピョルン
1605年 1621年 ヤン・カロル・ホトキェヴィチ
1621年 1625年 空席
1625年 1633年 レフ・サピェハ
1633年 1635年 空席
1535年 1640年 クシシュトフ・ラジヴィウ
1640年 1646年 空席
1646年 1654年 ヤヌシュ・キシュカ
1654年 1655年 ヤヌシュ・ラジヴィウ
1656年 1665年 ヤン・パヴェウ・サピェハ
1665年 1667年 空席
1667年 1682年 ミハウ・カジミェシュ・パツ
1682年 1703年 空席
1703年 1707年 ミハウ・セルヴァツィ・ヴィシニョヴィエツキ
1707年 1708年 カジミェシュ・ヤン・サピェハ
1708年 1709年 ヤン・サピェハ
1709年 1709年 グジェゴシュ・アントニ・オギンスキ
1709年 1730年 ルドヴィク・コンスタンティ・ポチェイ
1730年 1735年 空席
1735年 1744年 ミハウ・セルヴァツィ・ヴィシニョヴィエツキ
1744年 1762年 ミハウ・カジミェシュ・ラジヴィウ・ルィベンコ
1762年 1768年 ミハウ・ユゼフ・マッサルスキ
1768年 1793年 ミハウ・カジミェシュ・オギンスキ
1793年 1794年 シモン・マルチン・コッサコフスキ
リトアニア野戦ヘトマン
就任 退任  
1521年 1531年 ユルギス・ラドヴィラ
1531年 1536年 空席
1536年 1541年 アンジェイ・ニェミロヴィチ
1541年 1561年 空席
1561年 1566年 グジェゴシュ・ホトキェヴィチ
1566年 1567年 空席
1567年 1571年 ロマン・サングシュコ
1571年 1572年 空席
1572年 1589年 クシシュトフ・ラジヴィウ・ピョルン
1589年 1600年 空席
1600年 1605年 ヤン・カロル・ホトキェヴィチ
1605年 1615年 空席
1615年 1635年 クシシュトフ・ラジヴィウ
1635年 1646年 ヤヌシュ・キシュカ
1646年 1654年 ヤヌシュ・ラジヴィウ
1654年 1662年 ヴィンツェンティ・コルヴィン・ゴシェフスキ
1663年 1667年 ミハウ・カジミェシュ・パツ
1667年 1668年 ヴワディスワフ・ヴォウォヴィチ
1668年 1680年 ミハウ・カジミェシュ・ラジヴィウ
1680年 1682年 カジミェシュ・ヤン・ラジヴィウ
1682年 1684年 ヤン・サムエロヴィチ・オギンスキ
1684年 1685年 空席
1685年 1701年 ユゼフ・ボグスワフ・スウシュカ
1702年 1703年 ミハウ・セルヴァツィ・ヴィシニョヴィエツキ
1703年 1709年 グジェゴシュ・アントニ・オギンスキ
1707年 1709年 ミハウ・セルヴァツィ・ヴィシニョヴィエツキ
1709年 1709年 ルドヴィク・コンスタンティ・ポチェイ
1709年 1728年 スタニスワフ・エルネスト・デンホフ
1728年 1735年 空席
1735年 1744年 ミハウ・カジミェシュ・ラジヴィウ・ルィベンコ
1744年 1762年 ミハウ・ユゼフ・マッサルスキ
1762年 1775年 アレクサンデル・ミハウ・サピェハ
1775年 1780年 ユゼフ・ソスノフスキ
1780年 1791年 ルドヴィク・ティシュキェヴィチ
1791年 1792年 空席
1792年 1793年 シモン・マルチン・コッサコフスキ
1793年 1794年 ユゼフ・ザビェウォ

脚注[編集]

  1. ^ Poczet hetmanów Rzeczypospolitej. Hetmani koronni pod redakcją Mirosława Nagielskiego, Warszawa 2005, s. 391-392.