ボールギャグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gags ball 01.JPG
Knebel (Ball) Fotomodel Jassi.jpg

ボールギャグ猿轡口枷の一種。セシュター、玉口枷とも呼ばれる。

構造[編集]

構造としては、中央にゴルフボール大のボールと、その両端に取り付けられた革紐からなる。ボールを被拘束者の口に咥えさせ、革紐によって固定し使用する。

中央のボールにはいくつかの種類があり、中空で表面に複数の穴の開いたもの、ゴム製で中央に呼吸用の穴の空いたもの、穴のないゴム球、などがある。

効果[編集]

ボールギャグを咥えさせられた者はボールの穴、もしくは唇の隙間を通して呼吸ができるが、まともにしゃべることはできなくなる。また、口を閉じることができなくなるため唾液が垂れ流しになり非常に不恰好である。

この涎の漏出がSMプレイにおいては羞恥プレイとしての意味を持つ。現在ではマゾヒストを示す記号としての意味合いも強く、SMに使う猿轡として認知されている。

より激しいSMプレイには、アングルワイダー(開口具)などが使用される。

関連項目[編集]