ボーマン膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボーマン膜(ボーマンまく)とは、眼球の前面を覆う角膜を構成する膜。外境界膜。

概要[編集]

角膜の上皮と固有層(実質)の間にある、コラーゲンで構成された約10μmの薄い膜である。再生力は無く、一旦取り除くと生涯再生しない。医学的には、何の働きもしない、あるいは角膜実質を保護するためだけの存在であり、取り除いても視覚に影響は無いとされている。近視矯正手術において、このボーマン膜を除去する術式が存在する。

由来[編集]

19世紀にウィリアム・ボーマン (w:William Bowman) が発見し、その名が冠された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]