ホセ・ラトゥール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・ラトゥール
(José Latour)
Jose Latour4.jpg
誕生 1940年
キューバの旗 キューバ ハバナ
職業 小説家
言語 スペイン語英語
ジャンル ノワール
代表作 『追放者』(1999)
公式サイト http://www.joselatourauthor.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ホセ・ラトゥール(José Latour、1940年 - )は、キューバ小説家推理作家。男性。キューバの首都ハバナ生まれ。2004年9月よりカナダ在住。

10代の頃から熱心なミステリファンで、アメリカの作家の作品を多く読んだ。財務省でアナリストを務めるかたわら、ミステリの執筆を開始。1990年に専業作家となった。1999年の7冊目の長編小説『追放者』(Outcast)は初めて英語で書いた作品で、アメリカ探偵作家クラブ(MWA)のエドガー賞最優秀ペーパーバック賞とアンソニー賞en)最優秀ペーパーバック賞にノミネートされた。スペイン語で書く方が楽だというが、その後も英語で執筆を続けている。

1998年から数年、国際推理作家協会の副会長(ラテンアメリカ)を務めた。

日本語訳作品[編集]

参考文献[編集]

  • 滝本誠「キューバン・ノワール、アメリカ逆進攻」(ホセ・ラトゥール『追放者』(2001年2月、早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫)解説)
  • ホセ・ラトゥール『ハバナ・ミッドナイト』(2003年3月、早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫) 訳者あとがき(山本さやか)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]