ベン・ニコルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メイベル・プライドによる肖像画

ベン・ローダー・ニコルソン OM(Benjamin Lauder Nicholson, 1894年4月10日 - 1982年2月6日)はイギリスの画家。抽象絵画を多く制作した。

バッキンガムシャーに生まれ、ロンドンに没する。父ウィリアム・ニコルソン(Sir William Nicholson, 1872年2月5日 - 1849年5月16日)も画家である。

初期は、ポール・セザンヌキュビスムに近い作品を制作。その後、Seven and Five Society、ユニット・ワンやアプストラクシオン=クレアシオンなどに参加し、抽象作品に向かった。

抽象作品については、白い彫刻レリーフなど、徹底した幾何学的抽象作品を制作した。単なる絵画にとどまらず、彫刻的な要素をたぶんに含む作品が多く、しかも、白や淡い色のものなど、色彩が抑えられている作品が多い。イギリスの抽象絵画を強力に牽引した一人である。

1931年から1951年にかけては、バーバラ・ヘップワースと結婚していた。

日本での展覧会[編集]

  • ベン・ニコルソン展(2004年、神奈川県立近代美術館(葉山館)、愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)、東京ステーションギャラリー)

関連する日本での展覧会[編集]