ベロオーゼロ公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベロオーゼロ公ロシア語表記:Князь белозерский)は、分領制時代のルーシの国家の一つベロオーゼロ公国クニャージ)であり、公国の主権者またはそれに準ずる地位にあった者。同公国は現在のヴォログダ州ベロゼルスクを中心に形成されていた。

歴代君主[編集]

  1. 1238年-1278年 グレプ・ヴァシリコヴィチ…グレプの死後、1302年まで公国はロストフ公ドミートリー・ボリソヴィチの支配下にあった
  2. 1278年-1293年 ミハイル・グレボヴィチ
  3. 1293年-1314年 フョードル・ミハイロヴィチ
  4. 1314年-1339年 ロマン・ミハイロヴィチ…1328年から1338年まで、モスクワ公家ウラジーミル大公イヴァン1世が公国の徴税権を掌握
  5. 1339年-1380年 フョードル・ロマノヴィチ…クリコヴォの戦いで戦死
  6. 1380年以後   ユーリー・ヴァシリエヴィチ…ロマンの孫
  7. 1389年-1432年 アンドレイ・ドミトリエヴィチ…1389年、ドミートリー・ドンスコイによりモスクワ大公国の分領とされ、その息子アンドレイに相続された
  8. 1432年-1486年 ミハイル・アンドレエヴィチ…イヴァン3世に公国を遺贈

参考文献[編集]

  • Martin, Janet, Medieval Russia, 980-1584, (Cambridge, 1995)

外部リンク[編集]