ベッシー・ヘッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベッシー・ヘッド
Bessie Head
誕生 1937年7月6日
南アフリカの旗 南アフリカ連邦 ナタール州 ピーターマリッツバーグ
死没 1986年4月17日
ボツワナの旗 ボツワナ
職業 小説家
代表作 『力の問題』、『宝を集める人』
処女作 『雨雲のわく時』
公式サイト Bessie Head Heritage
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ベッシー・ヘッドBessie Head, 1937年7月6日 - 1986年4月17日)はボツワナ作家南アフリカ出身。

生涯[編集]

白人の母、黒人の父のもとで生まれる。母はピーターマリッツバーグの精神病院に入院しているときにベッシーを産む。ベッシーは里親のもとで暮らすが、養父は彼女が6歳のときに亡くなり、同じ頃に実の母も亡くなる。養母の暮らしが苦しくなったため、ベッシーは13歳のときに孤児院に入る。このときはじめて実の両親について知り、大きなショックを受けた。

その後は教師やジャーナリストとして働くが、アパルトヘイトのためにカラードとして不自由な暮らしを送る。結婚が破綻したのち、子供とともに英国の保護領ベチュアナランド(のちのボツワナ)へ移住する。南アフリカ政府からパスポートが発行されなかったため、出国許可証を使った亡命となった。

ボツワナではセロウェに住み、はじめは教師として暮らす。『ニューステイツマン』に掲載された記事がもとで、ニューヨークの出版者に小説を依頼され、長篇小説『雨雲のわく時』を発表した。孤独と貧困のなかで創作活動を続け、アパルトヘイトの撤廃を見ることなく1986年に肝炎により48歳で死亡するが、死後も評価が高まり、作品集や書簡集などが出版されている。

作品[編集]

ボツワナや南アフリカを舞台とした作品を発表した。長篇第1作 『雨雲のわく時』は、南アフリカからボツワナへ亡命し、当地の生活になじんでゆく人物の物語だった。次の長篇小説『マル』では、サン人の女性をめぐるツワナ人の差別と、部族を越えた結婚を描いた。自伝的小説『力の問題』はブッカー賞の候補になり、国際的に知られるきっかけとなった。その他に、ボツワナの村人の話をもとにした短篇集『宝を集める人』、セロウェを題材とした『セロウェ 雨風の村』、ボツワナのセビナ族の19世紀の歴史を題材とした『魅せられた十字路』などを発表した。

主な著書[編集]

  • When Rain Clouds Gather (1968) 『雨雲のわく時』 - 小説
  • Maru (1971) 邦訳『マル 愛と友情の物語』 楠瀬佳子訳、學藝書林、1995年。 - 小説
  • A Question of Power (1974)  邦訳『力の問題』 中村輝子訳、學藝書林、1993年。 - 自伝的小説
  • Looking for a Rain God (1977) - 小説
  • The Collector of Treasures and Other Botswana Village Tales (1977) 邦訳『宝を集める人 ボツワナの村の物語』 酒井格訳、創樹社、1992年。 - 短篇集
    • 「深い川、大昔の部族移住の物語」
    • 「天国は閉じていない」
    • 「村の聖女」
    • 「ヤコブ、ある信仰治療師の話」
    • 「ライフ」
    • 「呪術」
    • 「雨神を待ちうけて」
    • 「クゴツラ」
    • 「風と少年」
    • 「婚礼風景スナップ」
    • 「特別な人」
    • 「宝を集める人」
    • 「狩猟」
  • Serowe: Village of the Rain Wind (1981) 『セロウェ 雨風の村』 - セロウェの歴史を題材としたノンフィクション
  • A Bewitched Crossroad (1984) 『魅せられた十字路』 - 小説
  • Tales of Tenderness and Power (1989) 邦訳『優しさと力の物語』 くぼたのぞみ訳、スリーエーネットワーク、1996年。 - 死後に編集されたアンソロジー
    • 「さあ、話をはじめましょうか……」
    • 「オレンジとレモン」
    • 「スノーボール」
    • 「冷や飯食い」
    • 「チブクビールと独立」
    • 「村の人びと」 - 「老女」「夏の太陽」「緑の木」「タオ」の連作
    • 「アメリカからきた女」
    • 「セコト首長が法廷を開く」
    • 「財産」
    • 「権力争い」
    • 「闇の時代」
    • 「恋人たち」
    • 「アクサン将軍」
    • 「土の息子」
    • 「眼鏡をかけた囚人」
    • 「幼子キリストの降誕」
    • 「夢を語って歩く人」
  • A Woman Alone: Autobiographical Writings (1990) - エッセイ集
  • A Gesture of Belonging (1991) - 書簡集
  • The Cardinals (1993) - 小説

参考文献[編集]

  • 酒井格 『宝を集める人』解説
  • くぼたのぞみ 『優しさと力の物語』解説

外部リンク[編集]