ヘンリー・M・ムリニクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・M・ムリニクス
Henry Maston Mullinnix
Henry M Mullinnix.jpg
生誕 1892年7月4日
インディアナ州スペンサー
死没 1943年11月24日
マキン島近海
所属組織 United States Department of the Navy Seal.svgアメリカ海軍
軍歴 1916-1943
最終階級 海軍少将
テンプレートを表示

ヘンリー・マストン・ムリニクス (Henry Maston Mullinnix, 1892年7月4日 - 1943年11月24日) は、アメリカ合衆国軍人海軍少将

生い立ち及び経歴[編集]

ムリニクスは1892年7月4日インディアナ州スペンサーで生まれる。1909年にアッティカのインディアナ高校を卒業した。彼は学級の委員長であった。1916年に海軍士官学校を卒業、駆逐艦バルチ (USS Balch, DD-50) に勤務し、第一次世界大戦の間はアイルランド沖で偵察及び護衛任務に従事した。グリッドレイ (USS Gridley, DD-92) およびブルックス (USS Brooks, DD-232) で勤務した後、ムリニクスはアナポリス及びMIT航空工学を学び、1923年に理学修士号を受け取る。フロリダ州のペンサコーラ海軍航空基地で飛行訓練を受けた後、1924年1月11日に飛行士に任命された。彼は海軍機の空冷エンジン開発に従事した。様々な沿岸での任務の他、彼はサラトガ (USS Saratoga, CV-3) およびライト (USS Wright, AV-1) で勤務し、1924年から41年までアルベマール (USS Albemarle, AV-5) 艦長を務めた。

ムリニクスは1943年4月からサラトガ艦長を務める。8月22日に少将に昇進、空母部隊の指揮官となる。1942年11月24日、ムリニクス少将の座乗するリスカム・ベイ (USS Liscome Bay, CVE-56) は伊-175の雷撃を受けてマキン島近海で撃沈される。一年後、ムリニクスの死亡が宣告され、その「際立ったイニシアチブと優れた指揮能力」を称えてレジオン・オブ・メリットが授与された。

1957年、フォレスト・シャーマン級駆逐艦の11番艦が彼に因みムリニクス (USS Mullinnix, DD-944) と命名された。

外部リンク[編集]