ヘンリエッタ・スウォープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘンリエッタ・スウォープ(Henrietta Hill Swope, 1902年10月26日 - 1980年)はアメリカの女性天文学者である。ウォルター・バーデとともにアンドロメダ銀河セファイド変光星の変光周期と光度曲線を決定した。

ジェネラル・エレクトリック社の社長になったジェラルド・スウォープの娘である。1928年から1942年までハーバード大学天文台で働いた。

賞・叙勲等[編集]

[編集]

命名[編集]


関連項目[編集]