ヘレン・レヴィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘレン・レヴィット(Helen Levitt、1913年8月31日 - 2009年3月29日)は、アメリカ合衆国の女性写真家

人物[編集]

アメリカ合衆国ニューヨークに生まれる。ドキュメンタリー系の写真を目指し、ウォーカー・エバンスに写真を学ぶ。

1940年前後から、「タイム」などジャーナリズム系統の媒体で作品を発表して注目を集める。

ハーレムを含む、ニューヨークの街角・子どもの様子などを盛んに撮影した。その視線は、フォト・リーグ的な社会改革路線から出たものというよりは、自分が生まれ育った町への愛情あふれるものである。ストリート写真のかなり早い例である。

写真撮影のみならず、映画の撮影にも携わり、第2次世界大戦後には、何本かの映画も制作している。

2009年3月29日、闘病の末に逝去した。95歳没。

主たる写真集[編集]

  • Crosstown(2001年)
  • Here and There(2004年)
  • Slide Show: Color Photographs Of Helen Levitt(2005年)

主要な展覧会[編集]

  • ヘレン・レヴィット展(Helen Levitt: Photographs of Children、ニューヨーク近代美術館1943年
    • アメリカの有名な写真批評家であるナンシー・ニューホール(Nancy Wynne Newhall, 1908年5月9日–1974年7月7日)による企画で、ヘレン・レヴィットにとっては最初の個展

参考文献[編集]

  • 写真の歴史(A World History of Photography、ナオミ・ローゼンブラム、日本語版監修 飯沢耕太郎、翻訳 大日方欣一・森山朋絵・増田玲・井口壽乃・浅沼敬子、美術出版社、1998年)の図版No.683に、ヘレン・レヴィットの作品が紹介されている。

外部リンク[編集]