ヘル・アンド・バック・アゲイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘル・アンド・バック・アゲイン
Hell and Back Again
監督 ダンファン・デニス
製作 トーマス・ブラナー
編集 フィオナ・オトウェイ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ビデオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年10月5日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
パシュトー語
興行収入 $40,634[1]
テンプレートを表示

ヘル・アンド・バック・アゲイン』(原題:Hell and Back Again)は2011年の米国のドキュメンタリー映画。アフガン戦争帰還兵の葛藤を描いた作品。監督・撮影はダンファン・デニス第84回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされた[2][3]。また、2011年サンダンス映画祭では二つの賞を獲得した[4]

製作[編集]

戦場カメラマンでもあるダンファン・デニスは、愛用するデジタル一眼レフカメラキヤノン EOS 5D Mark IIを特製のスタビライザーに取り付けて単身で撮影を行った。内臓マイクが使い物にならなかったため、音声は外部マイクロフォンで録音した[5]

受賞歴[編集]

日付 部門 対象 結果
サンダンス映画祭[4] 2011年1月29日 ワールド・シネマ審査員大賞(ドキュメンタリー) ダンファン・デニス 受賞
ワールド・シネマ撮影賞(ドキュメンタリー) ダンファン・デニス 受賞
アカデミー賞[2][3] 2012年2月26日 長編ドキュメンタリー映画賞 ダンファン・デニス、マイク・ラーナー ノミネート

参考文献[編集]

外部リンク[編集]