プリマス・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリマス・ロック。「1620」と刻まれている
プリマス・ロックを納めた海辺のモニュメント

プリマス・ロック(Plymouth Rock)とは、いわゆる「巡礼始祖(ピルグリム)」が、1620年メイフラワー号からプリマス(現在のマサチューセッツ州東岸)に上陸した際、最初に踏んだとされるアメリカ合衆国についての著作で知られるアレクシス・ド・トクヴィルも、この岩についての言及を残している。

概要[編集]

プリマス・ロックについての記述は、17世紀の史料上見いだすことができない。例えば、プリマス植民地の総督であったウィリアム・ブラッドフォードも、自らの年代記においてこの岩について言及を残していない。1741年、エルダー・トマス・フォーンスという老人による証言によって、「プリマス・ロック」がピルグリムが最初に踏みしめた岩だとされた。当時94歳だったとされる彼がプリマス植民における初期の世代であったことと、それらしき岩が周囲にみあたらなかったことから、高い信憑性をもってこの話が人々に受け入れられた。

アメリカ独立戦争の勃発直前である1774年、海面に突出していたこの岩を引き揚げて、市広場に設置する試みが実施に移された。しかし、力ずくで引っ張ったために岩の上部が割れてしまったため、その上部のみを市広場に置くことになった。その後、1834年に岩は「ピルグリム・ホール」へと移転し、1880年には再び海岸へと戻された。この際に「1620」という数字が刻まれることになった。

いわば神話としての「アメリカ史」に大きく寄与した岩であるが、単なる岩が一つあるだけなので、アメリカ合衆国最大の「がっかり名所」という者もいる。

白人にとって記念すべきこの岩は、インディアンにとっては侵略と民族浄化の象徴である。1970年の「ピルグリム・ファーザーズ上陸350周年記念の日」には、全米最大のインディアン権利団体「アメリカインディアン運動AIM)」のインディアン活動家のラッセル・ミーンズらがメイフラワー2世号のマストにAIMの旗を掲げ、「プリマス・ロック」をトラック一台分の土砂で埋めてみせるという抗議行動を行った。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 大西直樹 『ピルグリム・ファーザーズという神話』 講談社選書メチエ、1998年