プランク質量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プランク質量
Planck mass
記号 mP
2.176 51(13)×10−8 kg
相対標準不確かさ 6.0×10−5
テンプレートを表示

プランク質量(プランクしつりょう、: Planck mass)は、プランク単位系における質量単位である。プランク質量 mP の値は以下である[1]

m_\mathrm{P} = \sqrt{\frac{c \hbar}{G}} = 2.176 51(13)\times 10^{-8} \;\mathrm{kg}

ここで、括弧内に書かれた数字は、最後の2桁についての標準不確かさを示す。つまり、(2.176 51 ± 0.000 13) × 10-8 kg という意味である。c は真空中の光速度\hbarディラック定数G万有引力定数である。

プランク質量はコンプトン波長をπで割ったものとシュヴァルツシルト半径とが一致する質量である。その長さはプランク長である。

他の自然単位の値が非常に小さいか大きいかであるのとは異なり、プランク質量の値はほぼ人間が取り扱えるスケール内にある。すなわち、1プランク質量は一般的なコピー用紙(坪量 64g)を 1mm×0.3mm に切ったものの質量くらいである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CODATA Value: Planck mass” (英語). 2012年6月15日閲覧。

関連項目[編集]