プラハ地下鉄A線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラハ地下鉄A線チェコ語:Linka A)はチェコ首都プラハを走るプラハ地下鉄の路線名。A線と名前がついているがプラハではC線に続いて2番目に開通した路線で、1978年の営業開始以来徐々に路線を伸ばしている。現在の総延長は11kmで営業中の駅は13駅、このうちMůstek駅はB線、Muzeum駅はC線との乗換駅となっている。現在の両端の延長が検討中であり西側の終点はプラハの玄関口であるルズィニエ国際空港に接続させようとの動きもある。

歴史[編集]

プラハ地下鉄A線の最初の営業区間の工事は1973年よりスタートし、1978年に営業をはじめた。なおこの区間はC線の美術館駅平和広場駅トンネルとつながっている部分がある。最初の延伸区間としてはジェリヴスケーホ駅駅から車両基地があるデポ・ホスチヴァージ駅までのトンネルが1985年に完成し、1987年ストラシュニツカー駅1990年スカルカ駅2006年に車両基地につながるデポ・ホスチヴァージ駅が開業し現在の営業路線となっている。

管区 区間 開業日 距離
I.A デイヴィツカー駅-平和広場駅 1978年8月12日 4.7km
II.A 平和広場駅-ジェリヴスケーホ駅 1980年12月19日 2.7km
III.A/SH ジェリヴスケーホ駅-ストラシュニツカー駅 1987年11月11日 1.2km
SH ストラシュニツカー駅-スカルカ駅 1990年11月4日 1.3km
SH スカルカ駅-デポ・ホスチヴァージ駅 2006年5月26日 1.0km
合計 13駅 11.0km