プブリウス・クラウディウス・プルケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プブリウス・クラウディウス・プルケルラテン語: Publius Claudius Pulcher, ? - 紀元前249年/紀元前246年没)は、第一次ポエニ戦争期の共和政ローマの政治家・軍人。名門クラウディウス氏族の出自である。父はアッピウス・クラウディウス・カウデクス。息子はアッピウス・クラウディウス・プルケル

紀元前253年アエディリスに当選、紀元前249年コンスルに当選する。そしてコンスルとして第一次ポエニ戦争に参戦、しかしカルタゴに敗戦してしまう。

理由は戦闘前の鳥占いで使われる聖なる鶏の餌のついばみ方が悪かったことを無視した結果と伝えられるが、ガイウス・スエトニウス・トランクィッルスマルクス・トゥッリウス・キケロウァレリウス・マクシムスによれば、クラウディウスは「餌を食べないのなら水なら飲むだろう」と言って聖なる鶏を海に放り投げたという。そして能力の欠如と信仰心のなさを咎められ罰金刑を受け、その後すぐに没した。死因は自死とも考えられている。

家族[編集]

関連項目[編集]