ブルガリア内務省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブルガリア内務省Министерство на вътрешните работи ; МВР)とは、ブルガリア共和国の内政を管掌する機関。警察機能の外、他の欧州諸国の内務省の例に漏れず、消防・災害救助、国境警備隊憲兵等、広範囲な分野を受け持っている。

内務省傘下の国家保安庁は、共産政権時代、秘密警察諜報機関として暗躍したことで知られている。特に、1978年の反体制派ゲオルギー・マルコフの暗殺、1981年のヨハネ・パウロ2世の暗殺未遂事件には、国家保安庁が関与していたとされる。現在、対外諜報機能は、大統領直属の国家情報庁として分離されている。

機構[編集]

国家庁[編集]

内務省は、各機能毎に6つの国家庁(Национални служби)から成る。

  • 国家保安庁(Сигурност)
  • 国家警察庁(Полиция)
  • 国家組織犯罪対策庁(Борба с организираната престъпност)
  • 国家消防・災害安全庁(Пожарна и аварийна безопасност)
  • 国家国境警察庁(Гранична полиция)
  • 国家憲兵庁(Жандармерия)

内務省直属局[編集]

  • 捜査技術情報局
  • 通信局
  • 通信手段防護局
  • 捜査研究局
  • 監察局
  • 情報・公文書局
  • 軍事・動員準備局
  • 警備局
  • インターポール国家中央局

教育・科学研究施設[編集]

  • 内務省アカデミー
  • コンピュータ技術研究所
  • 特殊機材研究所
  • 国家刑事・犯罪研究所
  • 心理学研究所
  • 医学研究所

地域機関[編集]

首都ソフィアに首都内務局、各州に地域内務局を有する。

外部リンク[編集]