ブリアンションの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリアンションの定理(ブリアンションのていり)は、フランスの数学者シャルル・ブリアンション(Charles Julien Brianchon)が発表した幾何学に関する定理。一つの円錐曲線に接する六つの接線により構成された六角形ABCDEFだとすると、直線ADBECF は一で交わる。双対定理パスカルの定理である。