ブライアン・ガーフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブライアン・フランシス・ウィン・ガーフィールド(Brian Francis Wynne Garfield, 1939年 - )はアメリカ小説家

経歴[編集]

ニューヨーク生まれのアリゾナ州育ち。アリゾナ大学修士課程修了。早くから小説家を志し、18歳の時には既に長編を物していたという。当初は西部小説に筆を染めたが転向、1972年に出版した『狼よさらば Death Wish』がチャールズ・ブロンソン主演で映画化されヒットしたことで一躍注目を集める。1976年、老スパイを主人公とした『ホップスコッチ』でエドガー賞 長編賞を受賞。1983年にはアメリカ探偵作家クラブ会長に選ばれている。

ペン・ネーム[編集]

複数のペン・ネームを持つ。

  • ブライアン・ガーフィールド
  • アレックス・ホーク 
  • ジョン・アイヴス 
  • ドリュー・マロリー 
  • フランク・オブライアン
  • ジョナス・ワード
  • ブライアン・ウィニー
  • フランク・ウィニー

著作[編集]

  • 『狼よさらば Death Wish』(1972年)
  • 『ロマノフ家の金塊 Kolchaks Gold』(1974年) 
  • 『ホップスコッチ Hopscotch』(1975年) 
  • 『反撃 Recoil』(1977年) 
  • 『砂漠のサバイバル・ゲーム Fear In A Handful Of Dust』(1979年)
  • 『切迫 Necessity』(1984年)