フレッド・ヴァルガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレッド・ヴァルガス
(Fred Vargas)
Fred Vargas 2009.jpg
フレッド・ヴァルガス、2009年
誕生 1957年6月7日(57歳)
フランスの旗 フランス パリ
職業 小説家考古学者
言語 フランス語
ジャンル ミステリー
主な受賞歴 仏:ミステリ批評家賞
独:ドイツ・ミステリー大賞
英:インターナショナル・ダガー賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

フレッド・ヴァルガス(Fred Vargas、1957年6月7日 - )はフランス小説家考古学者。本名はフレデリク・オドワン=ルゾー(Frédérique Audoin-Rouzeau)であり、ヴァルガスというペンネームは映画『裸足の伯爵夫人』でエヴァ・ガードナーが演じた主人公、マリア・ヴァルガス(Maria Vargas)にちなむ。パリ生まれ。

3人の歴史学者を主人公にした三聖人シリーズやアダムスベルグ警視シリーズでフランスのみならず世界で人気を博している。フランス国内のミステリ賞を多数受賞しているほか、英国推理作家協会(CWA)が2006年に創設したインターナショナル・ダガー賞を3度受賞している。

略歴[編集]

1996年、『死者を起こせ』でフランス・ミステリ批評家賞を受賞。2000年、『裏返しの男』で再度同賞を受賞。2004年にはアダムスベルグ警視シリーズ第三作Pars vite et reviens tardドイツ・ミステリー大賞を受賞。

2005年には『裏返しの男』が英国推理作家協会(CWA)主催のゴールド・ダガー賞の候補となり、2006年に同協会がインターナショナル・ダガー賞を創設すると『死者を起こせ』がその第1回受賞作となった。2007年にはアダムスベルグ警視シリーズ第四作Sous les vents de Neptune 、2009年には『青チョークの男』でも同賞を受賞している。

日本では『死者を起こせ』が『2003本格ミステリ・ベスト10』で第8位にランクインした。

日本語訳作品[編集]

参考文献[編集]

  • フレッド・ヴァルガス『死者を起こせ』(創元推理文庫、2002年6月) 訳者あとがき(藤田真利子)

外部リンク[編集]