フリードリヒ1世 (プファルツ選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ1世

フリードリヒ1世(Friedrich I., 1425年8月1日 - 1476年12月12日)は、プファルツ選帝侯(在位:1451年 - 1476年)。ルートヴィヒ3世と2番目の妃メヒティルド(マティルデ)の子。兄ルートヴィヒ4世の死後、甥フィリップの管財人としてプファルツ選帝侯領を治めた。これは不法な行為であったが、フリードリヒは有能な策士で、バイエルン公ルートヴィヒ9世と同盟しており、神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世も追放できなかった。

1462年バーデン辺境伯カール1世ヴュルテンベルク伯ウルリヒ5世と激突して勝利、領土を一部獲得した。

子女[編集]

1427年にバイエルン公ハインリヒ16世の娘エリーザベトと婚約したが、彼女は1445年にヴュルテンベルク伯ウルリヒ5世と結婚、婚約は解消された。1471年に長年の愛人クララ・トットと結婚したが、貴賎結婚のため、彼女との2人の息子に相続権は無かった。

先代:
ルートヴィヒ4世
プファルツ選帝侯
1451年 - 1476年
次代:
フィリップ