フリードリヒ・ヴィルヘルム・ケトラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ケトラー

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ケトラードイツ語:Friedrich Wilhelm Kettler、1692年7月19日 - 1711年1月21日)は、クールラント・ゼムガレン公(在位1698年 - 1711年)。

クールラント公フリードリヒ・カジミール・ケトラーの一人息子、母はその2番目の妻でブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルム(大選帝侯)の娘であるエリーザベト・ゾフィー

生涯[編集]

1710年にロシアのツァーリ・イヴァン5世の娘で、ピョートル1世の姪のアンナ・イヴァノヴナサンクトペテルブルクで結婚したが、その翌年に亡くなった。

フリードリヒ・ヴィルヘルムの死後、公爵位は叔父のフェルディナント・ケトラーに相続されたが、公国は事実上ロシアの支配下におかれた。公国がまがりなりにも独立を回復したのは1737年、当時ロシア女帝となっていたフリードリヒ・ヴィルヘルムの未亡人アンナが、愛人のエルンスト・ヨハン・フォン・ビロンに公爵位を授けたときであった。