エリーザベト・ゾフィー・フォン・ブランデンブルク (1674-1748)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリーザベト・ゾフィーの肖像を描いたメゾチント、クリストフ・ヴァイゲル画、1710年頃

エリーザベト・ゾフィー・フォン・ブランデンブルクElisabeth Sophie von Brandenburg[-Schwedt], 1674年4月5日 ケルン(Cölln)、ベルリン郊外 - 1748年11月22日 レームヒルト)は、ドイツブランデンブルク=シュヴェート辺境伯家の公女。

生涯[編集]

ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルム(大選帝侯)とその2番目の妻でグリュックスブルクフィリップの娘であるドロテア・ゾフィーの間の次女として生まれた。エリーザベト・ゾフィーとその同母の兄弟姉妹は系譜上において、母ドロテアの創設したブランデンブルク=シュヴェート辺境伯家に属し、異母兄のプロイセン王フリードリヒ1世とは系統を異にすると見なされる。

1691年4月29日、ベルリンにおいて従兄のクールラント公フリードリヒ・カジミールと結婚したが、1698年に死別した。エリーザベト・ゾフィーは1700年に大北方戦争の戦火を避け、幼い息子を連れて異母兄のフリードリヒ1世の宮廷に逃れている。

1703年3月30日にポツダムにおいて、30歳年上のバイロイト辺境伯クリスティアン・エルンストと再婚した。すでに年老いていたクリスティアン・エルンストは完全に年若い妻の言いなりとなり、「プロイセンの総督(„preußischer Statthalter“)」と呼ばれるほどブランデンブルク=プロイセンに従順な態度を示した。辺境伯はエアランゲン宮殿(Markgräfliches Schloss Erlangen)をエリーザベト・ゾフィーに与え、1704年にはこの宮殿を妻の名前に因んで「エリーザベト城(Elisabethenburg)」と改称した。1712年にクリスティアン・エルンストが死ぬまで、エリーザベト・ゾフィーは豪奢な暮らしを楽しみ、バイロイト宮廷の財政を著しく悪化させた。

1714年6月3日にコーブルクのエーレンブルク城(Schloss Ehrenburg)において、ザクセン=マイニンゲン公エルンスト・ルートヴィヒ1世と3度目の結婚をした。1724年の夫の死後、24年間の寡婦生活ののちに、隠居所として与えられたレームヒルトのグリュックスブルクの城館(Schloss Glücksburg)で死去し、マイニンゲンの教会に葬られた。

子女[編集]

最初の夫フリードリヒ・カジミールとの間に息子を2人もうけた。

参考文献[編集]

  • Ludwig Brunier: Kurland: Schilderungen von Land und Leuten, H. Matthes, 1868, S. 251 ff.
  • Julius Mebes: Beiträge zur Geschichte des Brandenburgisch-Preussischen Staates und Heeres, Band 2, Lüderitz, 1867, S. 146
  • Andrea Schödl: Frauen und dynastische Politik (1703-1723) - Die Markgräfinnen Elisabeth Sophie von Brandenburg und Christiane Charlotte von Ansbach . Kulmbach 2007.