フラーテス4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フラーテス4世Phraates IV、在位:紀元前38年 - 紀元前2年)は、アルサケス朝パルティアの王(諸王の王、バシレウス・バシレオン)。領内各地での反乱に苦しみ、またローマから送られた女奴隷ムサを妻としたが、彼女によって暗殺された。

来歴[編集]

アントニウスの侵攻[編集]

前王オロデス2世の息子として生まれた。オロデス2世には30人もの男子がおり、後継者として筆頭格にあったのは兄のパコルス1世であった。しかしパコルス1世はローマ領への遠征の途中、紀元前38年ギンダロスの戦い英語版の敗戦で戦死してしまった。パルティア軍がローマ軍に大敗を喫すると、父王オロデス2世の権威は失墜した。

フラーテス4世は父王オロデス2世を暗殺し、パルティア王に即位した。フラーテス4世は即位するとすぐに兄弟の大半を殺害して政権の安定を図り、ローマ軍の侵入を撃退した。しかし反フラーテス4世派はローマに支援をもとめ、マルクス・アントニウスはこれに応じて10万人の兵力を持ってパルティアに侵入、パルティアの従属王国の1つアトロパテネの首都ガンザカアゼルバイジャン語版を包囲したが、フラーテス4世はローマ軍の補給部隊を襲撃してこれを撤退に追い込んだ。アントニウスは撤退を完了するまでに兵力の3分の1を喪失したという。

ティリダテス2世の反乱[編集]

ローマとの戦いが一段落すると、紀元前31年頃にティリダテス2世が王を名乗って反乱を起こした。フラーテス4世はこれを鎮圧に向かったが敗北してスキタイの下へと逃走した。そして翌年、スキタイの支援を取り付けて再度ティリダテス2世を攻撃し、今度はこれに勝利することができた。ティリダテス2世はローマへと逃れ、ローマの支援を受けて紀元前26年初頭にパルティアへ帰還し、バビロニアを支配下に納める事に成功したが、フラーテス4世は同年半ばには再び反撃に出てティリダテス2世を駆逐した。ティリダテス2世は尚も再起を目指して軍を集め、紀元前25年に再びバビロニアへ侵攻してセレウキアを占領したが、同年中に敗れてその権力は完全に失われた。

イタリア人女奴隷[編集]

ティリダテスの反乱の後、更にミトラダテスの反乱が発生し、フラーテス4世はその対応に追われた。こうした国内の混乱の中で、ローマの圧力をかわすべくローマで権力を握ったオクタウィアヌスとの講和が志向された。この結果、妻の1人ビステイバナプスとその間に生まれた4人の王子をローマへ人質として出し、更にイタリア出身の女奴隷ムサを妻とすることになった。ムサとの間には息子フラーテス5世(フラータケス)が生まれたが、ムサは自分の息子を王位につけて実権を握ろうとし、フラーテス4世はムサに暗殺され、フラーテス5世がパルティア王となった。