フランチシェク・ドルチコル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランチシェク・ドルチコルFrantišek Drtikol, 1883年-1961年)は、主として戦間期に活躍した、チェコ写真家日本では「フランティセック・ドルティコル」または「フランティセック・ドゥルティコル」と表記されることが多い。

人物・来歴[編集]

ピクトリアリスムを基調とした女性写真(特にヌード写真)を得意とする。独特のぼかしを多用した作品が多く、光の使い方にも大きな特徴がある。その中で、白と黒のコントラストも、十分に生かされており、ときとして幻想的な画面を作り出している。

日本のピクトリアリスム作品(特に第二次世界大戦前の作品。しかも、淵上白陽らの「構成派」すら)にも、強い影響を与えていると考えられる。

日本国内での展覧会[編集]

  • 私を見て! ヌードポートレイト Look at me ! Portrait photographs of nude(東京都写真美術館・2010年7月31日 - 10月3日東京都写真美術館のサイトより
    • 紹介された作品は、次の2点(最初の番号は、展示作品リストの番号)
      • 29、立つヌード、男性ヌード(Standing Nude, Male Nude)、1927年、103 × 80mm、ゼラチン・シルバー・プリント(Gelatin Silver Print)
      • 30、腕をもたせて座るヌード(Seated Nude, Resting on Arms)、1927年、168 ×232mm、ゼラチン・シルバー・プリント(Gelatin Silver Print)

参考文献[編集]

外部サイト[編集]