フットチョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下からのフットチョーク(ヘルズ・ゲート)を掛けるジ・アンダーテイカー
フットチョーク(ゴゴプラッタ)の一例

フットチョークは、総合格闘技等において使用される絞め技ブラジリアン柔術では「ゴゴプラッタ (Gogoplata)」と呼ばれ、英語圏でもこの名称が使用される。

概要[編集]

主にガードポジションの状態から自らの足を掴みながら、脛を使って相手の頸部を圧迫する。なお、柔道競技ではこの技は禁止されているが、自らの足を掴んで前腕部で相手の頸部を圧迫する場合は裸絞として使うことができる。ブラジリアン柔術競技では、足の裏を使用したフットチョークは禁止されている。

総合格闘技においては2006年12月31日、PRIDE 男祭り 2006にて青木真也ヨアキム・ハンセンに総合格闘技史上初めてラバー・ガードからのフットチョークでのタップアウト勝ちを披露した。また、2007年2月24日のPRIDE.33においてはニック・ディアス五味隆典に対しこの技でタップアウト勝ちを収めた。青木は2008年6月15日のDREAM.4においても永田克彦に対し今度はマウントポジションからこの技を仕掛け、タップアウト勝ちを収めた。このときのフットチョークは後にアメリカの格闘技サイトBloody Elbowで技名募集がなされ、「アオキプラッタ (Aokiplata)」と命名された[1]

WWEプロレスラーであるジ・アンダーテイカーは、それまで三角絞めを時折使用していたが、必殺技が全て投げ技である上、自らよりも体格に勝るレスラー達が出現したため、2008年初頭から一番の決め技としてフットチョークを使い始めた。当初は、トライアングルチョークやゴゴプラッタの名称で呼ばれていたが、WWEでは自らの団体と総合格闘技との差別化を図るため、現在ではフットチョークまたはゴゴプラッタの名称の使用が許されていない。そのため、アンダーテイカーがこの技を極める時の名称は「デスバレー・バイス (Death Valley Vice)」、後に「デビルズ・トライアングル (Devil's Triangle)」へと変わり、現在では「 ヘルズ・ゲート (Hell's Gate)」と呼ばれている。

脚注[編集]

  1. ^ Shinya Aoki's New Submission Bloody Elbow 2008年6月16日

関連項目[編集]