フェナキストスコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・マイブリッジによる
フェナキストスコープ用円板 (1893)

フェナキストスコープ: Phenakistoscope)またはフェナキスティスコープ: Phenakistiscope)は、回転のぞき絵(ゾートロープ)に先駆けて登場した初期のアニメーション機器。1831年ベルギージョゼフ・プラトーオーストリアの Simon von Stampfer がほぼ同時に発明した。

一般的なフェナキストスコープは、軸に垂直に取り付けられた回転する円板である。円板にはアニメーションのコマに相当する絵が順に描かれており、コマとコマの間にスリットがある。この円板を回転させ、絵を鏡に映し、動くスリットから透かして見る。残像現象を利用し、スリットを通すことでブレがなくなり、絵が動いているように見えるのである。別の形状としては、絵を描いた円板とスリットのある円板を別々にしたものがある。こちらは鏡が不要という利点はあるが、扱いにくい。ゾートロープやプラキシノスコープなどとは異なり、フェナキストスコープは1度に1人しか楽しめない。

名称の由来は、ギリシア語で「騙す」である。眼を騙して絵が動いているように見せることから来ている。

Flanders International Film Festival では、映画製作に貢献した人物に Special Honorary Joseph Plateau Award としてプラトーのオリジナルのフェナキストスコープの複製品を贈呈している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]