フウラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フウラン
Neofinetia falcata1.jpg
フウラン
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ラン目 Orchidales
: ラン科 Orchidaceae
: フウラン属 Neofinetia
: フウラン N. falcata
学名
Neofinetia falcata (Thunb.)
和名
フウラン

フウラン(風蘭、富貴蘭、学名Neofinetia falcata)は、日本原産のラン科植物のひとつで、着生植物である。

特徴[編集]

花が美しく、香りもよく、観賞用に栽培される。また、園芸品種もある。野生では絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト)。

は短く直立し、隙間なく葉をつける。は細くて硬く、先端がとがっている。断面が三角になるほど分厚く、上面の中央には主脈に沿って溝がある。葉の基部は茎を抱く形になり、茎より少し上に関節があって、古い葉は基部を茎に残して脱落する。したがって、古い茎は葉鞘に包まれた状態になる。根は茎ほどに太く、葉鞘を突き破って出てくる。表面は白く、先端だけが生っぽい色になる。根元の茎から新芽を出して、次第に株立ちとなり、人間の頭ほどの群落が作られる場合もある。

ただし、成長はなかなかに遅い。年間に生じる葉は一本の茎について2-3枚程度。個々の葉は数年の寿命がある。

初夏にを咲かせる。花はよい香りがする。花茎は、茎の基部の方の葉の間から出てそれぞれに3-5個の花が出る。花茎からはさらに長い子房がのび、花はその先につくので、葉よりもかなり上の方で花が咲く。花は純白か、わずかに赤紫を帯びるのが普通。五弁はやや細目の倒卵形で、反り返る。唇弁は前に突き出し、少し三つに割れる。花の下には距があるが、非常に長く、下に向かって垂れながら曲がって、最後は前を向く。一つの株では、往々にして、ほとんどの花が同じ方向を向いて咲くので、非常に印象的である。

分布[編集]

本州中部以南から琉球列島にわたる地域に生育する。国外では朝鮮と中国から知られる。

分類[編集]

この種は古くはアングレカム属に含めたこともあるが、現在では本種のみでフウラン属をたてる。

利用[編集]

シノブ玉や庭木につけるなどの形で、観賞用に栽培される。また、江戸時代より、葉変わりや斑入りのものを選別・命名して栽培することが行われてきた。現在も多くの品種があり、それらを富貴蘭と呼んで、東洋ランの一つとされる。

また、近縁の別属との間に属刊行は異品種も作られている。近縁の単茎性の洋ラン(バンダなど)に、耐寒性を与えるために交配親として使われることも多く、それらは洋ランの範疇になる。以下のようなものが知られる[1]

  • x Renanetia レナネティア属:フウラン属とジンヤクラン属 Renamthera
  • x Ascofinetia アスコフィネティア属:フウラン属とアスコケントルム属 Ascocentrum
  • x Neostylis ネオスティリス属:フウラン属とリンコスティリス属 Rhynchostylis
  • x Nakamotoara ナカモトアラ属:アスコケントルム属、フウラン属とヒスイラン属の3属間交配

出典[編集]

  1. ^ 土橋(1993)p.229-231

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本I 単子葉植物』,(1982),平凡社
  • 土橋豊、『洋ラン図鑑』、(1993)、光村推古書院