フィデル・バッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィデル・バッサFidel Bassa、男性、1962年12月28日 - )は、コロンビア出身の元プロボクサー。元WBA世界フライ級チャンピオン。スピードに乗ったファイトを身上に、世界フライ級タイトルを6度防衛した。

来歴[編集]

マグダレラ州の貧しい家庭に生まれる。アマチュアで18勝2敗の戦績を残してプロに転向。1985年3月1日、ホルヘ・ルーゴを4回でKOし、7戦目にしてコロンビアのフライ級王座を獲得。同年6月21日にはレオナルド・バレデスを6回KO、中米フライ級チャンピオンとなっている。

1987年2月13日、巧者イラリオ・サパタの持つWBA世界フライ級王座に挑戦、老獪な王者を果敢に攻め、3対0の判定でコロンビア6人目の世界チャンピオンとなった。

同年4月25日、英国のデーブ・マコーリーの挑戦を受け、2度のダウンを奪われながらも後半に猛反撃、13回TKOで初防衛に成功した。8月15日には前王者サパタと再戦、12回引分けで辛くも王座を守る。

その後マコーリーの再挑戦を退けるなど通算6度の防衛に成功。しかし1989年9月30日、後に2階級制覇者となるヘスス・ロハスに12回判定で破れ、王座を失った。

スタイル[編集]

身長163センチと小柄でアゴに弱点があったが、スピードのあるパンチとフットワークで果敢なラッシュ攻撃を見せ、試合巧者イラリオ・サパタをも攻略している。

通算戦績[編集]

24戦22勝(15KO)1敗1分

関連項目[編集]