イラリオ・サパタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラリオ・サパタ
基本情報
通称 Bujía
階級 フライ級
身長 169cm
国籍 パナマの旗 パナマ
誕生日 1958年8月19日(55歳)
出身地 パナマの旗 パナマ
パナマシティ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 54
勝ち 43
KO勝ち 14
敗け 10
引き分け 1
テンプレートを表示

イラリオ・サパタHilario Zapata、男性、1958年8月19日 - )は、パナマの元プロボクサーパナマシティ出身。元世界2階級制覇王者(ライトフライ級フライ級)。

「軟体動物」[文献 1]とも形容されたディフェンスワークに優れた技巧派の選手。その技量は評論家からも高く評価され、ボクシング・アナリスト増田茂はライトフライ級歴代最高のボクサーとして、具志堅用高張正九柳明佑を抑えてサパタを選出したことがある。中島成雄友利正穂積秀一といった日本勢との対戦により、日本のボクシングファンにとっては仇敵のような存在としても知られた。

来歴[編集]

1977年10月28日、プロデビュー。

1980年3月24日、12戦目でWBC世界ライトフライ級王者中島成雄に挑戦し、15回判定勝ちで王座を獲得した[文献 1]

1980年9月17日、防衛戦で中島成雄と再戦し、11回KO勝ちで3度目の防衛に成功した[文献 2]

1981年2月14日、防衛戦でジョーイ・オリボと対戦し、14回KO勝ちで5度目の防衛に成功した。

1981年8月15日、防衛戦でヘルマン・トーレスと対戦し、15回判定勝ちで7度目の防衛に成功した。

1981年11月7日、防衛戦でネトルノイ・ソー・ボラシングと対戦し、10回KO勝ちで8度目の防衛に成功した。

1982年2月26日、9度目の防衛戦でアマド・ウルスアと対戦し、2回KO負けで王座から陥落した。

1982年7月10日、ウルスアから王座を奪取した友利正とタイトルマッチで対戦し、15回判定勝ちで王座に返り咲いた[文献 3]

1982年9月18日、防衛戦で張正九と対戦し、15回判定勝ちで初防衛に成功した。

1982年11月30日、防衛戦で友利正と再戦し、8回KO勝ちで2度目の防衛に成功した[文献 4]

1983年3月26日、3度目の防衛戦で張正九と再戦し、3回KO負けで王座から陥落した。

1984年12月8日、1階級上のWBA世界フライ級王者サントス・ラシアルに挑戦し、15回判定負けで2階級制覇に失敗した。

1985年10月5日、WBA世界フライ級王座決定戦でアロンソ・ゴンザレスと対戦し、15回判定勝ちで2階級制覇を果たした。

1986年4月7日、防衛戦で穂積秀一と対戦し、15回判定勝ちで2度目の防衛に成功した[文献 5]

1986年7月5日、防衛戦でドディ・ボーイ・ペニャロサと対戦し、15回判定勝ちで3度目の防衛に成功した。

1987年2月13日、6度目の防衛戦でフィデル・バッサと対戦し、15回判定負けで王座から陥落した。

1987年8月15日、フィデル・バッサとタイトルマッチで再戦し、15回判定ドローで王座返り咲きならず。

1993年2月27日、WBC世界スーパーフライ級王者文成吉と対戦し、1回TKO負けで王座獲得ならず。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

参考文献[編集]

  • ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年
  1. ^ a b 51頁下段
  2. ^ 52頁下段
  3. ^ 56頁上段
  4. ^ 57頁上段
  5. ^ 104頁下段

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
中島成雄
第7代WBC世界ライトフライ級王者

1980年3月24日 - 1982年3月26日

次王者
アマド・ウルスア
前王者
友利正
第10代WBC世界ライトフライ級王者

1982年7月20日 - 1983年3月26日

次王者
張正九
空位
前タイトル保持者
サントス・ラシアル
第53代WBA世界フライ級王者

1985年10月5日 - 1987年2月13日

次王者
フィデル・バッサ