ファロトキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファロトキシン (Phallotoxin) は、タマゴテングタケから単離された二環式のヘプタペプチドである。少なくとも7種類の化合物から構成されている。ファロイジン (Phalloidin) は、1937年にハインリッヒ・ヴィーラントの義理の息子で弟子のフェオドル・リュネンミュンヘン大学ウルリッヒ・ヴィーラントによって初めて単離された[1][2]。他の6つは、プロファロイン (Prophalloin)、ファロイン (Phalloin)、ファリシン (Phallisin)、ファラシジン (Phallacidin)、ファラシン (Phallacin)、ファリサチン (Phallisacin) である。肝臓細胞に対しては高い毒性を持つが、ではほとんど吸収されないことが分かっている。さらに、この物質は食用のガンタケの中でも少量見つかっている[3]

構造[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Theodor Wieland (1987). “50 Jahre Phalloidin”. Naturwissenschaften 74 (8): 367–373. doi:10.1007/BF00405464. PMID 3309681. 
  2. ^ Feodor Lynen, Ulrich Wieland (1938). “Über die Giftstoffe des Knollenblätterpilzes”. Justus Liebig's Annalen der Chemie 533 (1): 93–117. doi:10.1002/jlac.19385330105. 
  3. ^ Litten, W. (March 1975). “The most poisonous mushrooms”. Scientific American 232 (3): 90–101. doi:10.1038/scientificamerican0375-90. PMID 1114308.