ガンタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガンタケ
Amanita rubescens JPG1.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
亜門 : 菌蕈亜門 Hymenomycotina
: 真正担子菌綱 Agaricomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: テングタケ科 Amanitaceae
: テングタケ属 Amanita
: ガンタケ A. rubescens
学名
Amanita rubescens (Pers. : Fr.)

ガンタケ(雁茸、学名 Amanita rubescens )は、テングタケ科テングタケ属キノコ。和名は、色がに似ているところ由来する。分布は北半球温帯以北、南米、豪州で確認されている。

概要[編集]

からカラマツなどの針葉樹林、ブナコナラなどの広葉樹林、雑木林の地上に単生、または、散生。

は、はじめ球型、成長すると中~大型で平になる。表皮は赤褐色で、粉状のイボが付着。傘の裏はヒダが密で白色、赤いシミができることがある。は中空で、基部が球根状。柄の色は傘よりも白っぽく、上部に膜状のつばがある。傷つけると赤く変色する。

Amanita rubescens

食毒[編集]

生では無味、無臭。食べると下痢、吐き気など胃腸系の食中毒を起こすことがある。加熱すれば可食とする文献もあるが、ルベッセンスリシンイボテン酸アマトキシン類などの有毒成分を含み[1]、生食は厳禁。また、慣れないと毒性が強いテングタケと見間違えやすいため、昔からキノコ狩りで安易にガンタケらしきキノコを採取して食用にするのは危険とされてきた。しかし、旨味成分を含み加熱調理すれば美味とされ、テングタケとの識別に慣れたキノコ通には好んで食べる人もかつてはいた。現在では、加熱調理しても分解しない有毒成分が微量ながらガンタケに含まれることが明らかになっているため、それを承知であえて食べる人はほとんどいなくなった。

参考文献[編集]

  • 長沢栄史監修 安藤洋子ほか著『日本の毒きのこ』 学習研究社、2003年 ISBN 4054018823
  • 本郷次雄監修 幼菌の会編 『カラー版 きのこ図鑑』 家の光協会、2001年 ISBN 4259539671
  • 大舘一夫・長谷川明監修 都会のキノコ図鑑刊行委員会著 『都会のキノコ図鑑』 八坂書房、2007年 ISBN 4896948912
  • 前川二太郎監修 トマス・レソェ著 『世界きのこ図鑑』 新樹社、2005年 ISBN 4787585401
  • 小宮山勝司著 『きのこ大図鑑』 永岡書店、2008年 ISBN 9784522423981
  • 今関六也ほか編 『日本のきのこ』 山と渓谷社、1988年 ISBN 4635090205

脚注[編集]

  1. ^ 日本産菌根性きのこ類の食資源としての利用性信州大学農学部紀要. 38(1-2): 1-17 (2002)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]