ピンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バタフライ クラッチ

ピンズ形式になっている記章ベトナム共和国プレジデンシャル・ユニットサイテーション)の裏側。上の2個の金具がバタフライ・キャッチ
蝶バネをつまむとピンとの結合が緩んで着脱できる

ピンズ(英pins/仏Pin's)は、金属プレート裏面に針を垂直に立てたバッジの一種。針を衣服等の布地に貫通させて、バタフライクラッチ(Butterfly clutch)と呼ばれる留め具で固定する。記念品ノベルティお土産アウェアネス・リボンとして作られ、或はサークルや個人で制作する例も見られる。略綬資格身分証明などとして使われることもある。

製造方法は、本七宝+スタンププレス、擬似七宝+スタンププレス、ソフトエナメル+スタンププレス、ソフトエナメル+エッチング、レーザープリント、オフセットプリント等がある。金属製のものは大きく作ると重みが出てしまい、衣服等の布地を歪ませてしまう為、厚みは薄く、小さいサイズで製造される。

世界中にコレクターがいる。ウィキペディアが経営する Wikimedia Shop でも、オリジナルピンズを通信販売している。

関連項目[編集]

  • バッジ 記章、企業ロゴ、キャラクター商品等。横向きの安全ピンを使うタイプが多い。
  • ブローチ アクセサリー。横向きの安全ピンを使うタイプが多い。
  • タックピン ネクタイとシャツを留める。襟のフラワーホールに着ける目的でデザインした物はラペルピン。
  • ハットピン 帽子とシャツを留める。
  • 画鋲 ピンズは画鋲としても使える。