ピノバンクシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピノバンクシン
識別情報
CAS登録番号 548-82-3
PubChem 73202
ChemSpider 65962 チェック
ChEMBL CHEMBL608410 チェック
特性
化学式 C15H12O5
モル質量 272.25 g/mol
精密質量 272.068473 u
密度 1.497 g/mL
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ピノバンクシン(Pinobanksin)は、抗酸化物質フラバノノールである。低比重リポタンパク質脂質過酸化反応を阻害し、還元α-トコフェロールラジカルの電子供与体となる。ヒマワリ蜂蜜中で見られる[1]

ピノバンクシンは、ピノセムブリンから生合成される。

出典[編集]

  1. ^ Identification of Flavonoids in Sunflower Honey. S. Sabatier, M.J. Amiot, M. Tacchini and S. Aubert, Journal of Food Science, Volume 57, Issue 3, pp. 773–774, May 1992, doi:10.1111/j.1365-2621.1992.tb08094.x