ピトン山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピトン山(Mons Piton)は、雨の海の東側、アリスティルスの北北西に位置するの独立峰である。ピトン山の東にはカッシーニ、西北西にはピアッツィ・スミスがある。この山塊の北東にはアルプス山脈があり、月の海の北東端を形成している。

月面座標は、北緯40.6°、西経1.1°で、直径は25kmである。北西に向かって若干細長い形で、稜線は南、北西、西に延びている。標高はアルプス山脈の平均程度の2.3kmであるが、アルプス山脈最高峰で標高3.6kmのブラン山よりも低い。月の海の中に位置する独立峰であるため、明け方や夕暮れに斜めから照らされると大きな影を生じる。

南には、この山にちなんで命名された1対の衛星クレーターがある(下記参照)。南南西は、ピトン・ガンマ(γ)と呼ばれる尾根となっている。

ピトン山はテネリフェ島の山に因んで名付けられた。

衛星クレーター[編集]

ピトン 緯度 経度 直径
A 39.8° N 1.0° W 6 km
B 39.3° N 0.1° W 5 km