ピストンバルブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水洗便器フラッシュバルブの流水を制御する部品であるピストンバルブ(写真は大便器用)

ピストンバルブとは、ピストンシリンダー内を移動することによって流体の移動を制御するバルブである。少ない作動力で比較的高圧の流体を制御することが可能である。


使用例[編集]

フラッシュバルブ内のピストンバルブ部
フラッシュバルブ式和風便器

一般的には、化学プラント水洗式便所フラッシュバルブ2ストローク機関の吸気、排気やその他、トランペット等の金管楽器蒸気機関等の分野でも使用される。

化学プラントでは、ピストンバルブが作動しない場合、最悪の場合、事故につながる可能性がある。

また、水洗式便所では重要な役割を果たしており、フラッシュバルブのピストンバルブが故障すると水が出なくなったり、あるいは水が止まらなくなる等水洗便器の流水の制御が出来ず、正常に作動しなくなり悪影響を及ぼす。

水洗便器フラッシュバルブに内蔵されているピストンバルブのストレーナーフィルター)や小穴が詰まると便器に供給される水が止まらなくなったり、流れなくなったりするトラブルが発生することから、月1回ピストンバルブを取り出してストレーナーフィルター)や小穴を清掃する事をメーカーでは推奨している。

また、水洗便器の洗浄にフラッシュバルブが多く使用されている施設においては、あらかじめ新品や、ストレーナーと小穴を清掃、パッキン類を交換した点検、メンテナンス済の予備のピストンバルブをストックしておき、定期的にピストンバルブを交換される。交換したピストンバルブはメンテナンスした上で次回の交換時に使用され、ローテーションを繰り返し使用される場合が多い。

水洗便所用ピストンバルブの構造[編集]

節水型フラッシュバルブのピストンバルブ(大便器用)

水洗便器用ピストンバルブはバルブ上部外周にわん皮パッキンが巻かれ、中央部にストレーナーがあり、下部には案内羽根が付いており、その中心部にリリーフバルブ先端の起動羽根が突出している。ピストンバルブ上部の中心部には逃し弁の穴が開いており、その中にはリリーフバルブと押えバネが仕込まれている。一次側(給水口側)と二次側(便器に繋がった排水口側)とはわん皮パッキンで仕切られ、わん皮パッキン上部が圧力室部であり、ピストンバルブ上部の圧力室側になる一次側と二次側の間には針先程の小穴が開いておりストレーナーを経て繋がっている。ピストンバルブの底部にはシートパッキンと呼ばれる中央部にストレーナーが付いたパッキンが組み込まれている。


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]