ビュイック・Y-Job

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Buick Y-Job
Buick Y.jpg
概要
メーカー Buick
モデルイヤー 1938年
デザイン ハーレー・J・アール英語版
車体とシャシー
分類 コンセプトカー
車体様式 2ドアクーペ
伝動機構
エンジン 5.2リッター (320 ci) ビュイック直列8気筒エンジン
寸法
ホイールベース 126 in (3,200 mm) [1]
全長 208.7 in (5,301 mm) [2]
Y-Jobの外装を元にしたビュイック改造車(1950年)

ビュイック・Y-Job英語: Buick Y-Job)とはビュイックゼネラル・モーターズの一部門)が1938年に初めて発表したコンセプトカーである[3]。設計はハーレー・J・アール英語版が手がけ、電動リトラクタブル・ヘッドライト、「gunsight」のフードクレストマーク、電動開閉の車窓[4]、ラップアラウンドバンパー、平たいドアハンドルが使われ、1950年代までのビュイック車のデザインの元になった上、縦型のウォーターフォールグリルは現在でもビュイックで使用されている。

この車自身は実際ハーレー・アールが1951年に発売された新型車に乗り換えるまで数年間運転していた。その後、ヘンリーフォード博物館に寄贈されていたが、1993年にGMデザインセンターに返還されている[5]

車名の「Y」には2つの意味があった:

  • 全ての試作車は「X」と呼ばれていたため、アールは単純に次のアルファベットである「Y」と名づけた[6]
  • アールが「Y」という名称にしたのは航空業界において最新式の試作機の名称として広く使われていたことによる[4]

2001年、ビュイックはY-Jobを現代風にリメイクしたビュイック・ブラックホーク英語版を製作した。

脚注[編集]

  1. ^ 1938 Buick Y-Job Concept Images, Information and History (YJob, Dream Car, First Concept Car)”. Conceptcarz.com. 2012年5月31日閲覧。
  2. ^ Buick Y-Job Concept”. Supercars.net (2004年3月1日). 2012年5月31日閲覧。
  3. ^ Inside Line: News, Road Tests, Auto Shows, Car Photos and Videos”. Edmunds.com (2009年1月22日). 2011年3月21日閲覧。
  4. ^ a b Concept Cars by Larry Edsall pp19 Edizione White Star ISBN 978-88-8095-956-4
  5. ^ 1938 Buick Y-Job Concept Images, Information and History (YJob, Dream Car, First Concept Car)”. Conceptcarz.com. 2011年3月21日閲覧。
  6. ^ 1938 Buick Y-Job and Harley Earl-GM PhotoStore”. Gmphotostore.com. 2011年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]