ビタミンKエポキシドレダクターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビタミンKエポキシドレダクターゼ複合体, サブユニット1
識別子
略号 VKORC1
遺伝子コード VKCFD2
Entrez 79001
HUGO 23663
RefSeq NM_024006
他のデータ
遺伝子座 Chr. 16 p11.2

ビタミンKエポキシドレダクターゼ(vitamin K epoxide reductase, VKOR)は、グルタミン酸カルボキシル化酸化した後、ビタミンK還元する酵素である。そのC1サブユニット(VKORC1) は、抗凝固薬であるワルファリンのターゲットである[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ Li T, Chang CY, Jin DY, Lin PJ, Khvorova A, Stafford DW. Identification of the gene for vitamin K epoxide reductase. Nature 2004;427(6974):541-4. PMID 14765195.
  2. ^ Rost S, Fregin A, Ivaskevicius V, Conzelmann E, Hortnagel K, Pelz HJ, Lappegard K, Seifried E, Scharrer I, Tuddenham EG, Muller CR, Strom TM, Oldenburg J. Mutations in VKORC1 cause warfarin resistance and multiple coagulation factor deficiency type 2. Nature 2004;427(6974):537-41. PMID 14765194.

関連項目[編集]