ビウレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビウレット
ビウレット
識別情報
CAS登録番号 108-19-0
KEGG C06555
特性
化学式 C2H5N3O2
外観 無色固体
融点

186–189 (分解)

出典
Oxford University
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。
ビウレットは銅(II)イオンに配位し、六員環のキレートを作る。このとき鮮やかな赤紫色を呈する。[1]

ビウレット (biuret) は、化学式 C2H5N3O2 であらわされる有機化合物尿素が2量化した構造をもつ。

常温常圧では白色の固体で、熱水に溶ける。186-189℃で分解。尿素を融点以上で加熱すると、アンモニアが分子間脱離してビウレットが生じる。

2 (NH2)2CO → H2N-CO-NH-CO-NH2 + NH3

特性基[編集]

「ビウレット」は特性基として R-NH-CO-NR'-CO-NH-R'' という構造をもつ化合物の一般名としても使われる。ビウレット化合物はイソシアネートの3量化によっても生成する。例としてはウレタン樹脂などで用いられる1,6-ヘキサメチレンジイソシアネートの3量体であるHDIビウレットがある[2]

タンパク質の検出に用いられるビウレット反応は、タンパク質とビウレット化合物がに対して同じ呈色をすることから命名されたものであり、試薬としてビウレット化合物を使用するわけではない。

参考文献[編集]

  1. ^ Pragmatic Chemistry 有機化学編 アミノ酸
  2. ^ http://www.osha.gov/dts/sltc/methods/partial/pv2030/2030.html