ヒーバー・ダウスト・カーチス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒーバー・ダウスト・カーチス(Heber Doust Curtis、1872年6月27日 - 1942年1月9日) は、アメリカ合衆国の天文学者。銀河系の大きさと星雲までの距離についてのハーロー・シャプレーとの大論争で有名である。

来歴[編集]

ミシガン州w:Muskegonで生まれた。1902年ヴァージニア大学で天文学の博士号を得て、リック天文台で働いた後、1920年からアレゲニー天文台の所長、1930年からミシガン大学天文台の所長を務めた。1910年から星雲写真に取り組み、渦巻き星雲中に発見した新星の明るさから、星雲が銀河系の外にあることを示した。

1920年4月26日、アメリカ国立科学院においてハーロー・シャプレーと『宇宙の大きさ』と題する公開討論会を行った(この討論は天文学者にとっては影響が大きく、後に「The Great Debate」あるいは「シャプレー・カーチス論争」と呼ばれるようになった)。だが、その場では決着がつかなかった。

銀河系の大きさについてはカーチスは小さく見積もり過ぎていたものの、「渦巻き銀河は銀河系の外にある独立した銀河である」とした点はカーチスが正しかったということが、1924年にハッブルがアンドロメダ銀河の中に2つの変光星を発見しアンドロメダ銀河までの距離を約100万光年と計算したことによって明らかになった。

ミシガン州アンナーバで没した。