パヴェル・シマヌスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パヴェル・シマヌスキ
Paweł Szymański
撮影Andrzej Świetlik}
撮影Andrzej Świetlik
基本情報
出生 1954年3月27日(60歳)
ポーランドの旗 ポーランド、ワルシャワ
出身地 ポーランドの旗 ポーランド
職業 作曲家

パヴェル・シマヌスキシマニスキまたはパヴェウ・シマンスキポーランド語Paweł Szymański, 1954年3月27日 ワルシャワ - )はポーランドの作曲家。

シマヌスキの音楽は厳格な技術的規律に基づいている。過去の音楽(とくにバロック音楽)のしきたりに根ざしたものを最初の音の素材として、そこから加工して、一から作り直す。シマヌスキ自身は自分の音楽について、「surkonwencjonalizm(超慣例主義)」という必要条件を使っていると話している。

代表作[編集]

  • 弦楽とパーカッションのためのソナタ(1982年
  • 弦楽四重奏のための2つの小品(1982年
  • Lux aeterna(1984年
  • Partita III(1986年
  • ミゼレーレ(1993年
  • ピアノ協奏曲(1994年
  • [Works for Piano](2006年

外部リンク[編集]