パンケーキクラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メキシコ地震でパンケーキクラッシュを起こした運輸通信省ビル
阪神・淡路大震災でパンケーキクラッシュを起こした商業ビル
パンケーキクラッシュにより崩壊した世界貿易センタービル・サウスタワー
ハイチ地震で倒壊した建物(右側の建物がパンケーキクラッシュを起こしている)

パンケーキクラッシュは、建築物の柱がフロアを支えきれずに、上の階から下の階に向かってフロア自体が崩れ落ちるように倒壊する現象。倒壊したフロアが積み重なっている様子が、パンケーキを積み重ねた様子に似ていることからこう呼ばれる。

地震などの自然災害のほか、ずさんな工法やデザイン性を重視しすぎるあまり強度不足に陥った場合に引き起こされる。特に近年の高層建築物は、フロアの柱を減らす額縁構造が多く取り入れられており、柱を埋め込んだ壁だけでフロアを支える構造となっており、十分な強度と耐震免震構造を保つことが重要になっている。

アメリカ同時多発テロ事件世界貿易センタービルが崩壊した要因として、ツインタワーへの航空機の突入により火災が起こり、支持鉄骨が溶融・破断したことにより上層階部分のパンケーキクラッシュを招き、ツインタワー全体がパンケーキクラッシュに陥った可能性があげられている(ツインタワー崩壊の原因については異説もある)。

主な事例[編集]